又吉歯科医院
一般歯科 インプラント 口腔外科 歯周病 審美歯科 小児歯科 予防歯科 治療費
トップページ アクセス地図 スタッフ紹介 院内紹介 相談コーナー ■ インターネット予約受付 ■
歯周病
診療時間
月・金9:30-12:30 14:30-20:00
火・水9:30-12:30 14:30-18:00
9:30-12:30 13:30-16:00
9:30-12:30 14:30-17:00
日・祝休診

歯周病の治療は?

検査

歯周病の治療を行なうためには、現状を知るために検査が必要です。歯周病は歯肉の中の病気なので、外から診断することができません。また、咬み合せの状態も影響するので、さまざまな検査が必要です。

歯周検査

(初診時にすることが多いです)

歯と歯肉の間(歯肉溝)に、プローブという細い器具を入れて歯周ポケットの深さを測り、歯石の有無もチェックします。これを、プロービングと言います。健康な状態だと1〜3mmです。より正確に診断するために、1本の歯に対して6箇所づつ計測することもあります。
プロービングすると、炎症のある歯肉からは、出血や排膿があるので、これもチェックします。
歯槽骨が溶けだしていると歯は動揺するので、動揺の度合も調べます。

プローブ
CR
プロービング
CR
動揺度の検査
CR

レントゲン診査

レントゲン撮影を行うことによって歯槽骨の溶けている部分や歯石の付いている部分がわかります。レントゲン写真は2次元ですが、歯周検査と組み合わせることにより3次元的な診断を行うことができます。
お口の中全体を1枚のレントゲン写真で検査するパノラマ写真を撮影しますが、場合によって、より詳しくチェックするために、3〜4歯が映るデンタル写真を撮ることがあります。

パノラマ写真とデンタル写真

咬合診査

咬み合わせや歯並びが悪いことによって、歯周病が悪化する場合があります。お口の模型を作り、診査することによって、歯並び、清掃性の悪い所、咬み合わせに問題がある所などを診断することができます。

お口の模型

プラークコントロール

テレビCMなどでも、よく聞く言葉だと思います。
歯周病の原因の歯垢(プラーク:細菌のかたまり)が歯や歯肉に定着しないようにすることです。簡単に言えば、歯磨きです。
これがしっかりできていないと、歯周病になってしまいます。
また、どんなに歯科医院で治療をしても、このプラークコントロールが上手くいってないと、台無しになってしまいます。そのため、正しいプラークコントロールを歯科医院で教えてもらって身につけることは、歯科治療における基本となります。

お勧めの歯磨き

明るいところで、少し小さい歯ブラシを鉛筆を持つように持って、反対の手には手鏡を持ちます。最初の3分間は、歯磨き粉をつけないで、手鏡で歯を見ながら、1本1本、100グラムぐらいの力で丁寧に磨きます。(最初から歯磨き粉をつけてしまうと、泡だらけになってしまい、どこが磨けてないのか分からなくなってしまいます)
その後の3分間は、歯磨き粉をつけて、再び手鏡を見ながら全体を磨きます。
フロスや歯間ブラシを併用することをお勧めします。

「磨いている」と「磨けている」は違うのです。

「磨いている」と「磨けている」は違う

スケーリング(SC)・ルートプレーニング(SRP)・PMTC

歯周病は、歯垢や歯垢が硬くなって、歯ブラシでは取り除けなくなった歯石によって引きおこされます。つまり、その原因を取り除いてあげればいいのです。 この歯石を取り除く方法をスケーリング・ルートプレーニング(SRP)といいます。

耳かきのような先の細いスケーラーと呼ばれる器具や、超音波の振動を利用して歯石を落としていく器具を使います。歯周ポケットの深さによっては器具を入れると痛みを伴うため、少し局所麻酔をして治療していくこともあります。この処置をまとめて初期基本治療といいます。

スケーリング

歯にこびりついた歯石やプラークを取り除くこと。

ルートプレーニング:

細菌で感染した歯の根の表面(セメント質)を取り除き、磨いて表面をツルツルにして細菌の付きにくい環境にすること。

PMTC

フッ素の入ったペーストで歯の表面を磨くことによって、歯垢の付着を抑制します。

スケーリングルートプレーニングPMTC
スケーリング(SC)・ルートプレーニング(SRP)・PMTC

歯周外科手術

初期基本治療をした後、歯周検査(精密検査)を行って、まだ改善していない部位は、歯周外科手術を行います。 歯石の付いている部分がよく見えるように歯肉をメスで切って開き、奥底の歯石を取ります。炎症で悪くなった歯肉を整形します。また、歯槽骨(歯を支えている骨)が溶けて形が悪くなった部分の形を整えます。最後に、歯肉を元の位置に糸で縫合します。
代表的な歯周外科手術に、歯肉剥離掻爬術(フラップ手術)があります。

歯周外科手術

再生療法 (エムドゲイン・人工骨・GBRなど)

骨を再生するための方法や薬品です。(当院では保険外の材料を使用)
当院においても、これらの再生療法を行いますが、全ての症例に行うことができるのではなく、反対に適応のある症例は限られていると考えております。
まずは、ご相談ください。

メインテナンス・定期検診

様々な治療で、全体的に歯周病が改善し、お口の中の環境がよくなっても、それで終わりではありません。何よりも一番大切なのは、日々の正しいブラッシングによって患者さん自身でそのよい状態を保っていくことです
また、歯科医院で定期的にお口の中の状態をチェックしてもらうことも大切です。
年に2〜3回の定期検診をお勧めします。定期検診で、よい状態をキープできているのか、磨き残しはどこにあるのかをお話します。悪い部位ができていても、小さな処置で済みます。

歯周治療が終わっても、患者さんと私たちの関係は何十年と続きます。
お口の健康を通して全身の健康を維持するという目標を持って、一緒に進んでいきましょう。

ほとんどの方が、「自分の歯は残したい」と考えております。
しかしながら、歯周病や虫歯が進んでしまった時、場合によっては抜歯した方が良いことがあります。

それはなぜでしょう?
重度の歯周病の歯を単に残すだけなら、隣の歯に接着剤でくっつけたりして、ある程度長く残すことはできます。
しかし、そうすることによって、悪い歯の周りの骨が破壊していき、まだ残せる見込みのある近くの歯にまで悪い影響が及んでしまう可能性があるからです。
腐ったリンゴを入れておくと、周りのリンゴまで腐ってしまうのと一緒です。

歯を抜く見極めは、非常に重要です。当院では、患者さんに状況を説明し理解していただいてから抜歯します。

抜歯することが、反対に、残っている歯の寿命を長くし、ひいては口の中全体の状況を良くするということもあるのです。

歯周病の治療の流れ(保険を適応した場合)

1.検査 歯周検査
レントゲン診査
問診(局所的、全体的なご病気)
咬合診査(かみ合わせのチェック)
矢印
2.スケーリング・ブラッシング指導 歯周検査の結果をもとにまずは歯の表面のプラークと歯石を取ります。
同時に歯みがき指導を十分に行います。
矢印
3.ルートプレーニング 2回目の歯周検査の結果をもとに1回につき3〜4歯ずつ歯肉の表面に麻酔をして歯肉の中に隠れている歯石を丁寧にかき取り、汚染された歯根をきれいにします。
矢印
4.再評価 ルートプレーニング終了後に炎症がどの程度改善されているか再び歯周検査(精密検査)を行います。
矢印
5.再評価後 炎症が落ち着いて症状の改善が見られる部位はメインテナンスヘ。
炎症がまだ残っていて症状の改善が認められない部位は、歯周外科手術、歯周組織再生療法を行います。

©医療法人湘誉会 又吉歯科医院 シンシア インプラント センター 〒247-0055 神奈川県鎌倉市小袋谷553−5 0467-43-2598