又吉歯科医院
一般歯科 インプラント 口腔外科 歯周病 補綴治療 小児歯科 定期検診 治療費
トップページ アクセス地図 スタッフ紹介 院内紹介 相談コーナー ■ インターネット予約受付 ■
口腔外科
診療時間
月・金9:30-12:30 14:30-20:00
火・水9:30-12:30 14:30-18:00
9:30-12:30 13:30-16:00
9:30-12:30 14:30-17:00
日・祝休診

口腔腫瘍

口腔内にも腫瘍ができます。良性腫瘍であれば歯原性腫瘍(エナメル上皮腫、歯牙種、エプーリスなど)と非歯原性腫瘍(乳頭腫、線維腫、血管腫、脂肪腫、多形性腺腫など)があげられます。
悪性腫瘍であれば肉腫があげられます。

良性腫瘍

口の中にできる良性腫瘍には顎の骨に特有の歯原性腫瘍というものと、その他の非歯原性腫瘍があります。

主訴 下の前歯の内側が腫れている
診断名 エプーリス
治療法 エプーリス摘出
リスク・副作用 術後、出血・腫脹・疼痛 再発
費用 保険治療 約2000円
治療期間 抜糸が約1週間後

良性腫(瘍歯牙種、エプーリス)

歯原性腫瘍

歯原性腫瘍にはエナメル上皮腫、歯牙腫、角化嚢胞性歯原性腫瘍,エプーリスなどがあります。
エナメル上皮腫は、顎の骨の中に発生し、徐々に大きくなり、顎の骨が腫れてきたり、顎の骨が破れたりします。
そのため、治療が必要で、小さなものであれば単純に摘出のみ、もしくは周囲と一緒に摘出可能ですが、大きなものになると一部顎の骨をとって、骨の移植等が必要になることがあります。
エナメル上皮腫は、再発することがあるので注意が必要です。
歯科治療の際に、レントゲンにて発見されるケースが多いです。

エナメル上皮腫
黒い部分がエナメル上皮腫。骨が大きく無くなってます。

非歯原性腫瘍

口腔領域には歯原性腫瘍だけではなく、身体他部に発生する一般的な腫瘍である非歯原性腫瘍も多く発生します。非歯原性腫瘍は舌、口底部、歯肉、頬粘膜など比較的目に触れやすい場所にあることが多いです。また唾液腺には、唾液腺腫瘍が発生します。

一般的な症状としては無痛性に周囲組織を圧排あるいは外向性に緩慢に増大し、腫瘍が相当に大きくなるまでは機能障害もありません。腫瘍の種類として多いものは乳頭腫、線維腫です。次に多いものは血管腫です。その他、リンパ管腫、脂肪腫などがあります。治療としては外科的切除が基本です。血管腫では薬剤を用いた硬化療法を行うこともあります。

線維腫

主訴 下唇の右側が腫れてる・舌の先にできもの・右側の頬が腫れてる
診断名 線維腫
治療法 線維腫摘出
リスク・副作用 術後、出血・腫脹・疼痛
費用 保険治療 口唇・舌で約1万円 頬粘膜で約15000円
治療期間 抜糸が約1週間後

線維腫

義歯性線維腫

義歯性線維腫

血管腫

主訴 下唇に血豆があって嫌
診断名 血管腫
治療法 血管腫摘出
リスク・副作用 術後、出血・腫脹・疼痛 再発
費用 保険治療 約1万円
治療期間 抜糸が約1週間後

血管腫

口腔癌

口の中の悪性腫瘍を口腔癌と呼んでいますが、口の中のあらゆる粘膜に発生します。例えば、舌にできる舌癌、歯肉にできる歯肉癌、舌と歯肉の間にできる口底癌、頬の内側にできる頬粘膜癌、口の中の上側にできる口蓋癌、唇にできる口唇癌などがあります。また耳下腺、顎下腺、舌下腺や小唾液腺など唾液をつくる組織にできる唾液腺癌なども挙げられます。施設によって差はありますが、舌癌が約半数を占めています。
癌は転移しますが、口腔癌では、首のリンパ節(頸部リンパ節)に最も多く転移します。

口腔癌

口腔癌はどれくらいあるの?

口腔癌は、全身の癌の数%と報告され、そう多くないため、一般にはまだ認識が薄いようです。しかし、人口動態統計での死亡率では、30年前にくらべ約4倍となっており、最近、口腔癌は増加傾向にあると考えられています。 40歳代より増加し始め、70歳代がピークです。男性が女性の約2倍ほどの発生率を示しており、女性では高齢者が多いようです。しかし、最近の集計では40代や50代も増加傾向にあります。

口腔癌の症状

口腔癌の多くは自分で見えるところにできます。粘膜に拭っても消えない白い病変があったら、歯科受診が必要です。初期の癌では痛みを伴わない潰瘍やしこりのことが多く、なおりにくい口内炎にて受診される方が多くみられます。
なお、癌が大きくなると痛みを伴うことが多くなります。また、大きな癌では痛みのある潰瘍を作り、自然に血が出ることがよくあります。通常の口内炎は2週間から1か月程度で治癒します。また、痛みを伴いますので、そのような症状以外の潰瘍は注意する必要があります。

上記のような症状のある方は専門の歯科・口腔外科の受診をお奨めします。
口腔癌の患者さんの多くは、歯科治療にて歯科医院にいった際に指摘され、大学病院等を受診される方が多い傾向がありますので、定期的な歯科受診が早期発見に役立つものと考えられます。

口腔癌の診断

診断は、CT・MRI・PETなどの検査を行い、病変組織の一部を採取し。顕微鏡検査で行います。口腔癌の80%以上は扁平上皮癌という組織の癌です。

口腔癌の治療

口腔癌の治療は一般的には手術が中心になります。初期の癌であれば、手術のみで治療可能です。進行した癌では手術、放射線、抗癌剤の治療を組み合わせて行います。また、進行した癌で切除する範囲が大きい場合は、その後の機能(話す、食べるなど)を回復するために、再建手術(他の部位から、皮膚、筋肉、骨などを移植する手術)を行うこともあります。また、口腔癌が大きくなると、首のリンパ節や肺に転移することもあります。その場合は首のリンパ節の手術(頸部郭清手術)を同時に行ないます。

★親知らずの抜歯? >>>

★何故、親知らずを抜歯するの? >>>

★その他抜歯 >>>

★上顎洞炎って何? >>>

★嚢胞 >>>

★歯根端切除術 >>>

★口蓋隆起 >>>

★口腔カンジダ症 >>>

★小帯切除 >>>


©医療法人湘誉会 又吉歯科医院 〒247-0055 神奈川県鎌倉市小袋谷553−5 0467-43-2598